ゼファルリンとは、一言でいうと「ペニス増大サプリメント」です。ペニスのサイズが、通常時・勃起時ともに大きくなります。亀頭(いわゆるカリ)のサイズも大きくなるので、亀頭が小さいがために仮性包茎になっていた人の場合は、仮性包茎も改善されることが期待できます。ここでは、ゼファルリンの成分や効果の仕組みなどを解説します。

>>ゼファルリン購入・詳細はこちら

なぜペニスが大きくなるのか?

簡単に言うと「男性ホルモン」と「血液量」を増やすからです。それぞれ説明します。

 

男性ホルモン

オリンピック選手のドーピングなどでも話題になる「テストステロン」という成分です。これは人間の筋力や体力を増強させるとともに、男性器を成長させたり、精子の製造を促したりします。

 

男性ホルモンが男性器を大きくすることは、ニューハーフや性同一性障害の方に対するホルモン治療で、はっきりと効果が証明されています。ご存知の方も多いと思いますが、女性ホルモンを投与されて、男性ホルモンの割合が少なくなったこのような方々は、男性器のサイズが一気に縮小して、子供のようになります(サイズが大きい人は、サイズを維持するために、あえてホルモン投与を受けなかった人です。この場合、女性らしさも他の人ほどはありません)

 

ゼファルリンでは、豚睾丸エキスなどのように、テストステロンを豊富に含む原料を多く利用しています。なので、まずこの効果によって、ペニスが大きくなります。

 

血液量が増える

男性ホルモンは上のような効果もありますが、ご存知のように、多くなりすぎるとハゲるという副作用もあります。そのため、ゼファルリンでは男性ホルモンはそうした副作用が出ない程度に抑えられています(これは体質にもよりますが)。

 

ゼファルリンは男性ホルモンのみに頼るのではなく「血液量を増やす」ことによっても、ペニスサイズを大きくします。なぜこれで大きくなるのか説明します。

 

ペニスは「海綿体」です。これは簡単にいうと「スポンジ」です。つまり、「多くの空洞がある」ものです。ペニスの勃起は、この空洞に「血液が満たされる」ために起きます。勃起時のペニスは、そのほとんどが血液で占められている、いわば「極太の血管」なのです。

 

血管である以上、中に血液がない時はしぼみますし、血液が充満すれば大きくなります。なので、全身の血液量が増えれば、正常時も勃起時も、ペニスという「極太血管」のサイズは当然大きくなるのです。(むしろ、全身の血液量が増えてもサイズが変わらない、という方が珍しいです)

 

ゼファルリンの効果はペニス増大にはとどまらない

上の「血液量」について、「これはペニスだけでなく全身の問題では?」と思われた人もいるでしょう。その通りで、この部分については全身に影響をもたらします。そもそもペニスというのは体の一部分ですから、全身が健康になってこそ、ペニスも健康になるのです。なので、ゼファルリンに含まれている成分の大半(朝鮮人参、マカ、蜂の子、冬虫夏草など)は、すべて全身の滋養強壮にも役立つものです。

 

男性ホルモンについては、主にペニス増大に役立つ成分ですが、それ以外の成分については、全身の健康促進にも役立つのです。なので、万が一体質が合わずに(テストステロンが機能しない体質であったがために)、ペニス増大効果がなかった場合も、精力剤とか滋養強壮剤だと思えばいい、と考えて自分は購入しました。